耐震等級3にこだわる訳

まずはご家族の命を守る家造りを!

当社が「耐震等級3」での家づくりをオススメする理由、それは近い将来くるであろうと予測されている大地震への安全対策です。
阪神淡路大震災では、亡くなった方の83.9%が、家具の転倒や家屋の崩壊による圧死や窒息等を原因として亡くなっています。
さらに、国土交通省・経済産業省の外郭団体が行った調査では、建築基準法に定められた最低限の基準である「耐震等級1」を守って建てられた木造住宅でも、阪神淡路大震災クラスの大地震では倒壊する恐れがあると言われています。
これらの事実から、大震災に対してより安全な基準を、「耐震等級3」とすべきとの声も上がってきています。

当社も、住宅建築に携わる者として、非常にショッキングな結果であり、更により多くのお客様に“地震に強い家”の大切さをお伝えしなければと再決意をした次第です。
性能表示制度の耐震等級1と言えば、今の建築基準法をクリアする構造体であり“阪神大震災クラスの地震に耐える”と言われている住宅です。それが、倒壊する危険が極めて高いと言う結果が出たことです。

等級1の写真をご覧ください。倒壊防止用ワイヤが張られているので、なんとか建っているものの、なければ2階部分が1階を押しつぶしている事が容易に想像できます。阪神大震災の惨状の映像にも、そのような状態の家がいかに多かったかと思うと、恐怖にかられてしまいます。
構造の専門家野先生も「建築基準法の新耐震基準(耐震等級1)をクリアしていれば大丈夫とは単純に言い切れない」と言われています。
住宅会社の中には「うちは全ての柱に4寸柱を使っているから大丈夫ですよ」を言われているところもありますが、この振動実験を見る限り、地震などの横からの力に対し、本当に材料(柱)岳の強度で大丈夫と言われても、疑問に感じられます。
耐震強度をあげるということは、全体のバランスがとっても大事なことで、地震に強い間取り、設計時の構造計算でも地震の揺れを想定した強度を計算し、施工時も手抜きがなく工事の確実さも問われてきます。